女性ホルモンってどんな働き?

バストの構造

皆さんは女性ホルモンってどんな働きをしているか知っていますか?
女性らしい体を作ったり、キメ細やかな肌を作るのも女性ホルモンの働きなんです。

女性ホルモンは2種類??

女性ホルモンを大きく分けるとエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

エストロゲン

乳房の発達、皮膚、骨、筋肉、脳、自律神経などの動きにも関係しています。
“女性らしさ“を増やしてくれる大事なホルモンです!
思春期から分泌量が多くなっていきますが、30代でピークに達し、だんだん減少していきます。

プロゲステロン

妊活をとっても助けてくれるホルモンです。また、体温を上昇させる働きがあります。
妊娠した場合は分泌が続いて、赤ちゃんが育ちやすい子宮環境を作ってくれます!

バストアップにはエストロゲン??

エストロゲンが作用して乳腺に刺激を与えると、乳腺が発達していきます!
乳腺が発達するとそれに伴い脂肪も増えるので、エストロゲンはバストアップに欠かせないホルモンと言えますね!

もう1つのホルモン、プロゲステロンは妊活や子宮環境を整えることに長けているホルモンだとお分かりになったでしょうか!

ホルモンには周期がある??

女性の心と体はとっても絶妙なバランスで保たれています。女性の体はホルモンバランスの変化によって、卵胞期、排卵期、黄体期そして月経という4つの段階があります。

月経が終わる頃、エストロゲンの分泌が増え、体の軽さ、肌や髪の潤いを実感できるようになる卵胞期が訪れます。この期間は体も心も落ち着きがあるので、ダイエットのチャンスです!

排卵が終わると、プロゲステロンが増える黄体期が訪れ、美容面ではマイナスに働くことが多くなります。自分の好きなこと、リラックスできることをして過ごすのがオススメです。

ホルモンの周期によって体の調子は1ヶ月の間だけでも最低4回は変化します。
自分の月経・排卵の周期をチェックすることで、日々のライフスタイルも変わり、さらに女性らしい体へチェンジする近道かもしれません!!

ピックアップ記事

関連記事一覧